スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひっこーし

じゅうくです。
ブログ引っ越します。

じゅうくさんは名前を

ろくしん

と改めて、東洋のガラパゴスこと
奄美大島についての
浅知恵を披露する

ケンムンの唄

というブログをはじめました。
どうぞ宜しく。
スポンサーサイト

現実逃避

ご無沙汰更新です。

いろいろありましたよ。
夏の後半戦!

まず、、、

僕の愛機(電話ね)アドエスを

便所に落とした。

しかも

汲み取りの。


いわゆる洋式便座の簡易水洗だったんだけど、
便器掃除してかがんだ瞬間、
便器の中に電話がダイブ!

簡易水洗って底がペコペコするふたみたいになってるんだけど、
キレイにそこを突き抜けて、汲み取り槽の中に落ちました。。。

しかも、、、

その2日後、なんか玄関周りがにおうな~と思って、
朝に汲み取りの業者が来たのかな?
と見に行ったら、

う○こにまみれたケータイが、汲み取り槽のフタの上に放置されてた。

何プレイや?!

えらいサービスですな。阪○衛生!!

まー、汲み取り式だけに、便器に落としたのがウンのつき・・・
って、やかましいわ!


そんな出来事の後、夏休みで奄美大島に行きました。
もう、現実逃避するために、電話壊したまんま、
いっさいの連絡手段を絶って出発したよ。
あはは。


で、どっぷり島生活を楽しみ、、、

ふたたび現実世界へ。


最近、ホンキで奄美大島に移住するかと考えるわ。。。
せめて、なんか奄美に貢献できる仕事がしたいとか、、、
アタマんなかは奄美大島一色な夏の終わりのじゅうくでした。

以下写真。

ハイビスカス。 いっぱい咲いてた。


アダンの実。 こどもは「パイナポー」っていい発音してた。



蝶の写真はピンボケばっかり。これはまとも。





奄美の海と空


夜明け。朝7時前ぐらい。


空がとにかく広い。ほんでキレイ!


お気に入りの写真!



マングローブとガジュマル。どちらも不思議な形をしてる。
ガジュマルにはケンムンという妖怪がいるそうな。


奄美名物、ハブ。マングースと戦ってた。負けた。


尼崎信用金庫ではありません。

戦争について考えさせられる日

本当は15日にアップしたかったけど、いろいろと忙しくて結局2日遅れ。

8月6日、8月9日、8月15日は日本の歴史の中でも重要な日だと思っています。
もちろん、広島長崎への原爆投下と、終戦記念日ですね。

日本という国は原爆の悲惨さを体験して、戦争放棄という項目を憲法に定めたわけです。

ところが、きょーびの人間(つっても20から25くらいね)の子たちに
「今日って何の日」
ってとっさに聞いて、
この3日間をパーフェクトにしかも即座に答えられた子が会社にいなかったのは残念。

戦争は今も世界のどこかで起こっていますが、
そのことを、他人事と思えてしまえるほど、日本という国は戦争に対して無知・無関心になってしまっています。
「戦争放棄」ではなく「戦争に関する知識無し」が正しいですね。

本当に戦争をしてはいけない、と思うならどうするべきが正しいことなのかを
日本という国家は真剣に考えなければなりません。
自分たちが丸腰で戦争しませ~んと、吹聴しても、
おとなりさんからミサイルとんでくりゃ、間違いなく戦争になるんですよ。
(どっかの党は先制攻撃をしかけるそうですが~)
そういったことを考える教育をしてこなかった今の日本には、
戦争放棄などできません。
アメリカに頼りっぱなしですけど、数十年前に原爆落とした張本人が誰なのかを良く考えてみて欲しいものです。

さて、先日TVで火垂るの墓がやってたようです。
夏の風物詩みたいなものですが、それでもあの映画で何を感じるかは
人それぞれでしょうが、考えるキッカケになるでしょう。

ウチの奥様は子供にグロいシーンやあまりに悲惨なシーンはのぞいて子供(5歳と2歳)に
見せたそうです。
僕は仕事してたんですけど、帰るときにカエルコールをしたら、電話の後で子供が
「かわって~!」
とうるさい。
なんで、奥様が2歳の男の子に電話代わったんですよ。
その第一声。

「あんな~、あんな~、せんそうこわいねん!」

確かに映画は怖いんだけど、戦争が怖いという発言が2歳児から出てきたことにビックリ。

「あんな~、くーしゅーがな、う~う~ゆーてな、あぶないねん!」

そうか~戦争怖いね。今は日本は戦争してないけど、
どこかではあの映画みたいなことになってるんだよ。

家に帰って寝る前、子供たちとそんな話をした終戦記念日の前日。
そして翌日の終戦記念日。


某半島民によるサーバー攻撃で、某巨大掲示板のサーバーダウン。



某半島民空気読めなさすぎ~

雨男のさだめ

ウチの会社は10日から4日間、
夏季休業ってことでお休みしてたんですよね。
でね、前にスタッフのだれかが
「釣りやってみたいっす~」
みたいな事いってたもんだから、

「ほな、連れてったるわ」

つーことで、10日に釣りに行くことにしたんですよね。

ところが、週間天気ではちょっと怪しい。

ま、何とかなるだろ~
程度に思っていたら、
前日に太平洋沖の低気圧が台風に進化した。

おめでとう!きみの ていきあつ は たいふう にしんかした!

ってポケモンかい!!
思わず突っ込んでしまいましたよ。

当日は早朝から大荒れ。
兵庫県では川が決壊。
海なんて近づけたもんじゃない。

「ちょっくら船の様子をみてくらぁ~」

なんて事になったら、死亡者の人数がプラスされてしまいそうな勢いですからね。
当然っちゃぁ当然なんだけど中止。
今年の夏は雨がおおいだのなんだの言いますけど、
ピンポイントで低気圧を台風に仕立ててぶつけるあたり、

じゅうくの雨男ぶりは年々威力を増してるように思うのですが・・・

今月、念願の奄美大島にやっと帰れるというのに、
その日程まで雨になったらわが身の宿命(おおげさ)を恨まずにはおれませんな。

大阪人はバカと言われると怒る

割と有名な話ですが、大阪人はアホと言われても怒りませんが
(知らない人にいきなりアホよばわりされたら怒りますよ)
バカと言われると怒ります。

ほんとです。

「おまえ何やってんねん~、あほやなぁ~」
といわれると、
「すんまへ~ん」

となるのに、

「おまえ何やってんねん。バカちゃうか?」
といわれると
「じゃかぁしいゎ、ボケ!」

と返ってきます。
要するに「アホ」は性格的に、「バカ」は知能的に聞こえるのでしょう。



さて、話は変わって我が家の話。
最近、暑いせいか、毎朝子供がウダウダとしてなかなか保育園に行かない。
玄関先でゴロゴロしたりとかなりめんどくさい。
おまけに歩かない。
外に少し出るともう座り込んでふてくされる。
そんな荷物をふたりも抱えて保育園に行くので、
このところ会社には遅刻してばかり。

さすがにイライラして、こないだも子供に
「さっさと準備してかな置いてくで!!」
と大きな声で叱ったんですよ。
そしたら、上のお姉ちゃんが小声で

「ばか」

とつぶやく。
聞こえるか聞こえないか位の声ですがそれを聞き逃すはずはありません。

「おい、誰に向かってばかってゆーとんねん、ぁあ?」

と子供にすごんでみせるのですが、
子供はふてくされてこういうのです。

「ちがうもん、パパにゆーたんちゃうで。野菜にゆーたんや!」
(家の菜園でとれたトマトやらが置いてあった)

「そうか、野菜にゆうたんやったらしゃーないな」
「・・・ってなるわけないやろが!!」


朝から雷を2,3発落としてきました^^
あーしんど。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。